« コスチュームジュエリー*ペリドット・翡翠・ムーンストーン他盛り沢山♪ | トップページ

月のピアスと、身代わりブラシ?

Rimg1965

こんにちは。 zaronchuchuです。

本日は、引き続きピアスを。

ごてごてっとした華やか「花籠ピアス」が、可愛い~ なら、

こちらの「月のピアス」は、キャ~、素敵~ってことで

Rimg1966

ムーンストーン6mm・水晶4mmなので、

↑これが、ほぼ実物大でしょうか。

今度のピアスは、夏らしく、シンプルエレガントで攻めていきますよ。

そして、悲しすぎる画像をひとつ。

Rimg2011

ものの見事に、ポッキリ。

しかし、落としただけで、こうも見事に折れるもんですかね?

実は、ここ一週間ほど、父の体調が優れませんで、

あっちでゴホゴホ、こっちでゲーゲー、大変な騒ぎなんですよ。

黙って寝てればいいものを、

少し体調がよくなると、その辺をうろちょろしているので、

実は、「治そう」という姿勢が欠けてるんじゃないかと、

睨んどる私です

その父が、一昨日朝、起き抜けに、

「気分が優れない・・・」

と青い顔をして、「病院へ行く、救急で診てもらう」と、

前日行ったばかりの、かかりつけの病院へ電話。

「○○の○○ですけどね。 ○○才、男性、いや男、男子です。」

「どうも朝から気分が優れませんで、救急で診てもらえませんかね?」

・・・父さん。

そんな言い方で電話したって、誰が診てくれるのさ?

案の定、あと何分で診療所が開きますので、

そちらにお越しください、と軽くシャットアウトされていました。

顔は死にそうにしてるけれど、電話の受け答えはハッキリしてる。

病院側の態度は、当然です。

見守る家族も、病状が本当に重いのか、

寝てれば治る程度のものなのか、

全くわからず、どうしていいかわからない。

一人で大丈夫? 付いてった方がいい?

救急車呼ぶ? 電話してあげようか?

いろんなことを口々に言ってみたものの、

「いい」の一点張りで、

頼りにならない「ペーパー+免許を持たない」家族を置いて、

青い顔のまま、自分で車を運転して病院へ行きました。

私は、ぶっ倒れるまで病院へ行かないタイプなので、

何かというと、病院へ行く「父の言葉と態度」だけでは、

どのくらいの緊急事態なのか、全く把握できない。

本当に生死がかかっているのかがわからないため、

心配にはなるものの、「黙って寝てればいいんじゃないの?」

という気持ちが捨てきれず、とるべき態度を迷うのです。

母のお友達のご主人が、

自分で車を運転して病院へ行ったものの、

対応が遅かったため、介護が必要な体になってしまった

という話をよく聞いていたので、もしかしたら・・・

との思いも、同じくらい捨てられないし。

でも、ふと気づきました。

体調が悪く、ココ何日か寝床で大量の汗をかいていた父。

そして、一昨日はよく晴れた「夏日和」

暑さの中、一滴も水を飲まずに病院へ車を走らせていったわけで。

「水だ!」

絶対、熱中症だ、と気づいた私は、

「いますぐ、水飲んで」と電話をしました。

しかし、そんなの関係ないと、

いつものように「専門家でない」私の意見は、スルー

でも、医者に、なんでもないとのお墨付き?を頂いたら、

安心したみたいで、とりあえず何事もなく帰ってきました。

さて、ここで、ブラシが登場です。

自分の病気は「心で治せる」と思い込める私ですが、

父は繊細なので、むしろ「心で重くなる」タイプ。

もしかして、重症? 入院? 生死が・・・

心配になった私は、祈ったわけですよ。

「どうか、父を助けてください」って。

その時、ふらふらしてた父が、

洗面所前の私のブラシを床に落としたんですね~

で、ポッキリ。

「こ、これは・・・ ブラシが身代わりになってくれたってこと?」

みたいな うぷ

このブラシ、お気に入りでもう10年近く使ってるものなんですが、

何度落としても、折れることなんてなかったわけですよ。

だから、「落としただけで、折れるもん?」 と。

まあ、寿命とか言われれば、年数がたってますしね~

たまたまと思えなくもないですが、

偶然なんかこの世にはひとつもないとも言いますしね

しかし、面白い本を読んだんですよ。

人の運・不運を握る「女神様」は、

人間にとっては、まるで話が異なる

「重さとか程度とか」は無視するって。

例えば、お金が欲しいな~と思ったら、

ジャンボ宝くじ一等前後賞あわせて3億円も、

道端でひろった10円も、同じ価値とみなされる。

それから、長期入院を余儀なくされるような大きな事故も、

紙で、指をちょっと切っちゃうようなことも、同じ「災害扱い」とされる。

どうしたって、いいことがずっと続くことはありえないんだから、

小さな不運は、自ら作ってでも請け負っておくと、

女神様は、「はい、いっちょ完了」と、スタンプを押してくれて、

大きな災いを避けることが出来るとかってね♪

実際どうかはともかく、面白い考え方だな~と。

なので、お気に入りのブラシでしたが、

「おお、父を助けてくださったのね~」と、素直に思うことにしました。

当の父からは、

呆れて馬鹿にされたのは言うまでもありませんけどね

でも、それで「キーッ、私のブラシを折ったの誰よー!」

と、叫ばれなかったんだから、いいじゃないですかねぇ?

ということで、延々と、どうでもいいような?話を続けましたが、

「何でも考え方一つで、こんなにも穏やかでいられるんだわ」

と、思った私でした。

それでは~

********************************************

【月とザリガニ】*天然石×キラキラビーズのお店

「お守りアクセサリー」と「ハレの日ジュエリー」作ってます♪

|

« コスチュームジュエリー*ペリドット・翡翠・ムーンストーン他盛り沢山♪ | トップページ

月とザリガニ*ピアス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月のピアスと、身代わりブラシ?:

« コスチュームジュエリー*ペリドット・翡翠・ムーンストーン他盛り沢山♪ | トップページ